島のくらし

2019/10/02

先日、仕事で九州北部に1週間近く滞在していたのですが、公演最終日の後、

一日だけ余分に後泊して熊本市に滞在しました。

翌日早朝、車を借りて目指すは天草。そして天草下島の中田港からフェリーで30分のところにある

鹿児島県最北の有人島、獅子島へ。

特にこれと言って用事は無いのですが、なんとなく離島に憧れを抱いている私はこの一日を使って、

ひとつ「島めぐり」をしようと画策したのでした。

途中天草下島への橋での渋滞などありましたが、どうにかフェリーに間に合い一路獅子島へ。

フェリーの乗客は私一人。そして獅子島へ着いた私は気付きました。

離島とは言えども、そこには人の暮らしがあり、そしてそれは特別なものではないと。

変な期待をしていたのかもしれませんが、ここはまぎれもなく現代日本。

そして観光地化もほとんどされていない​この島は、より島の人々の生活が間近に感じられたのでした。

きっと私は「島のくらし」を何か特別なシンボルとして考えていたのでしょう。

しかしそこには人々の日常があり、私は島を歩くうちに、そこに興味本位でやってきた自分自身が

島の人々の日常への侵略者ではないか、と捉えるようになってきていました。

そうこうするうちに帰りのフェリーがやってきました。

もし次に島に来る機会があれば民宿にでも泊まって、私自身を島の日常に少しでも溶け込ませる

体験をしてみたいものです。

(写真:中田港→片側港 フェリー上から撮影)

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2月23日の「今日は何の日?」

2018/02/22

1/1
Please reload

最新記事

2019/10/02

Please reload

アーカイブ