6月5日の「今日は何の日?」

2017/06/04

 

 

6月5日は「落語の日」

落語家の春風亭正朝が、6(ろく)5(ご)で「らくご」の語呂合せから、制定…したと言われているが、

実はこれは不正確。日本記念日協会ホームページにもそんな記述はないし、そもそも「落語の日」の項自体が

見当たらない。

 

これは一体どういうことなのか。

 

春風亭正朝のブログ(2008年6月6日の記事)によると、​どうやらこれは噺家同士の集まりの際に、

落語界の活性化のための1アイデアとして発案されたようだ。

落語協会を巻き込み、紀伊國屋ホールで制定イベントを行ったりと張り切った様子。

この制定イベントの企画書を書いたのが春風亭正朝氏、その時の「落語の日」の日程案の一つが

「6月5日」だった。

 

この試みは実はうまくいかなかった。理由について詳細は述べられていない。

 

 

しかしこの試みから新たな動きが生まれた。毎年6月第1月曜日に「寄席の日」が置かれ、

この日に限って都内5会場での落語寄席の入場料が半額になる(今年の寄席の日についてはコチラをクリック!)。

今年はちょうど今日、6月5日である。

この機会にぜひ、江戸時代から続く伝統話芸、「落語」にふれてみてはいかが?

 

ちなみに「落語」の言葉の由来は最後に「オチ(落ち)」がつくことから。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

2月23日の「今日は何の日?」

2018/02/22

1/1
Please reload

最新記事

2019/10/02

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索